校長挨拶・教育方針

学校長からのメッセージ

本校では『生徒個々の能力・適性に応じた教育をし、「知」「徳」「体」の調和のとれた人間を育成すること』を教育理念に、生徒一人ひとりの心に届く教育を実践して50余年が経ちました。これまでに本校は実に多くの生徒を社会に送り出して来ましたが、時代の流れと共に社会は絶えず目まぐるしく変革しています。そのような中にあって、常に生徒の声に耳を傾け、「今」を生きる生徒の気持ちを理解しようと努める私たちの姿勢は、創立時から一貫して変わっていません。

日々変化する社会情勢に適応できる人間育成を目指し、一人ひとりの資質とその様々な状況に合わせた参加型授業で共に学ぶ独自のカリキュラム策定や、ICTを活用した教育スタイルによるカスタマイズ教材を取り入れています。また、基礎学力の定着と学習意欲の回復を目的とした「やり直し学習」など、受動的な学習から能動的な学習へと先進的な教育改革を実践しています。学校生活では文化祭・体育祭・剣道大会・アート教室・体験教室などの様々な行事活動を通じて協調性を学びながら、主体性と能動性を持った人間育成を目指します。

生徒たちに「探究心を満たす」「達成感を味わう」教育を行い、より良い授業をどのように展開していくかを日々研鑚し、実践的な学びを創造しています。

学校長 吉田 修
学校長 吉田 修

教育方針

  • 「個」に応じた参加型授業により、確かな学力を向上させる
  • 部活や多彩な体験行事を通して、健全な心身を育成する
  • 常に心に寄り添う指導により、豊かな人間性を育む
  • 規律と規範の意識を高め、調和のとれた社会力を育成する
  • 尊重し合う生活の中で、まっすぐで伸びやかな心を育む